目のスクリーニング検査

斜視や弱視の検査ができるフォトスクリーナーを導入いたしました

数秒で弱視や斜視などの目のスクリーニング検査ができるスポットビジョンスクリーナーという機械を導入いたしました。

毎日目を使って絶えずものをみていないと視力は発達していきません。しかし、何らかの理由でものが見えにくい時期があると、見えにくいほうの視力は発達が止まってしまい弱視につながっていきます。

子どもの目の弱視は2~3%の確率でおこります。しかし、弱視は早期に発見し、治療を開始することができれば有効な治療が可能です。

4歳以下であれば95%の弱視は改善できるため、全国的にも3歳児健診で、このフォトスクリーナーを導入する自治体が増えてきました。

残念ながら札幌市の3歳児健診では専門の機械による目のスクリーニング検査はまだ導入されていません。

 

・視線が合わない

・片目を隠すと嫌がる

・目の動きが気になる

・テレビを近くでみて、離れると見えにくそう

・ものをみるとき、顔をしかめたり、目を細めたり、顔をかたむける

・顔を回して横目でものを見る

・明るい戸外で片目をつぶる

・上目づかいでみる

・ご家族に弱視や斜視の方がいる

 

上記に該当するものがあれば、是非一度目のスクリーニング検査をお勧めいたします。

検査を希望する際は、受診の際に受付スタッフへ伝えてください。

3歳からの日本脳炎ワクチンと一緒に… なども可能です。

 

検査方法 について

 当院で導入したスポットビジョンスクリーナーは生後6か月から検査が可能です。

 しかし、検査の正確性が高いのは3歳ころです。

※生後6か月のスクリーニング検査では異常はでず、2-3歳になってから異常が発見されることもあります。

 

小さなお子様であれば、保護者の方の膝に座り、写真をとるような体勢をとります。

部屋の照明を落とし、暗室でカメラのような形の機械からでる光を見ていただきます。

検査は数秒でおわります。※泣いてしまうとうまく検査ができないことがあります。

結果はその場で印刷をして、お渡しいたします。



料金について

 検査は保険適用で検査可能です。

 乳幼児受給者証をお持ちのかたは検査料金はかかりません。